今回は石を描いてみました。

私は小さいころから

石に水が流れる様子を見るのが

好きでした。

なぜ好きなのか

うまく言えませんが、

自分が小さくなって、

石の間を船で冒険しているような

気持ちになっているのだと思います。

 

普段、人にそんなことを

話すことはありませんが、

みんなそれぞれ

好きなものってありますよね。

 

何でか分からないけど好き。

たいしたことではないけど気になる。

そういうことが

アートの原動力だと思います。

思い切ってそれを表して

「好きだー」

「気になるー」

っていう気持ちを

みんなの前で言うができる!

そしたら意外にも

共感してくれる人がいた。

何だか楽しいですよね。

 

アートを見る時には

技法やうまさだけではなく、

自分の直感で好きかどうかを

気にしてみてくださいね。

 

おすすめの記事